インクレチン関連薬一覧/ビクトーザとバイエッタ

インクレチン関連薬を一覧にしました。今回はインクレチン関連薬の中のGLP-1受動態作動薬(注射薬)ビクトーザとバイエッタについて詳しく解説します。

 

ビクトーザとバイエッタは注射薬ではありますが、インスリン注射の代替えとなるものではありません。2010年にインスリンからインクレチン関連薬へ切り替えた事で、高血糖や糖尿病性ケトアシドーシスなどになった方もいます。

 

インクレチン関連薬を使用する際には、必ず医師とのご相談をお願い致します。それではインクレチン関連薬の一覧をご覧下さい。

 

インクレチン関連薬 一覧 インクレチン関連薬 禁忌の一覧 併用可能な糖尿病薬一覧
ビクトーザ ・Ⅰ型糖尿病、重度感染症 ・SU剤のみ
バイエッタ ・Ⅰ型糖尿病、重度感染症、腎機能障害者 ・チアゾリジン薬、ビグアナイド薬・SU剤
グラクティブ ・重度の腎機能障害(人工透析や腹膜透析など) ・チアゾリジン薬、ビグアナイド薬・SU剤
ジャヌビア ・グラクティブに同じ ・グラクティブに同じ
ネシーナ ・禁忌なし、腎機能障害者へ減薬の指示のみ ・αグルコシダーゼ阻害薬、チアゾリジン薬
エクア ・重度の肝機能障害(肝硬変や肝炎など) ・SU剤のみ

 

インクレチン関連薬のビクトーザとバイエッタの大きな違いは、併用可能な糖尿病薬の種類です。ビクトーザはSU剤のみですが、バイエッタは、チアゾリジン薬、ビグアナイド薬、SU剤などと併用可能です。

 

またビクトーザは単独での使用も可能ですが、バイエッタは単独使用は不可となっています。また1日の注射回数も違い、ビクトーザは1回だけ、バイエッタは1日に2回注射します。

 

このようにインクレチン関連薬のビクトーザとバイエッタは、使用における注意点が多いので必ず医師と相談の上ご利用頂くようにお願いいたします。

 

最後に糖尿病薬などなくても血糖値は下げる事が出来る事を忘れないで下さい。糖質制限食があなたをお待ちしております。

 

関連記事

糖尿病薬 一覧/グラクティブ・ジャヌビアなど←インクレチン関連薬の経口薬はこちら

血糖値を下げる

血糖値 運動




サブコンテンツ

このページの先頭へ