食後血糖値を下げる

食後血糖値を下げるのは非常に簡単です。「血糖値を上げるものは糖質だけ」ですから、食後血糖値を下げるには糖質を摂らなければいいのです。つまり食後血糖値を下げるには、糖質制限食の実施が一番早くて簡単だという事になります。

もちろん血糖値を下げる薬や運動でも食後血糖値をある程度は下げる事が可能です。ただその様に努力してもヘモグロビンA1cが6.5%未満まで下げる事が出来ない方がたくさんいるのです。

食後血糖値を下げる 空腹時血糖値 食後血糖値 ヘモグロビンA1c
正常値 100未満 140未満 6.2%未満
正常高値 110未満
境界型糖尿病 110~126未満 140~200未満 境界型
糖尿病 126以上 200以上 6.5%以上

ヘモグロビンA1cは、2012/4からのNGSP値です。 

そもそも「血糖値を上げるものは糖質だけ」なのに、栄養指導で糖質を60%の割合で食事を作るように指導する訳ですから、食後血糖値を下げる事など至難の業です。

つまり食後高血糖になるように食事を作ってそれを食べて、血糖値を下げる薬と運動で高血糖を下げる・・・といった意味不明な事をしているのです。

食後血糖値は上げてから下げるのではなく、上げなければ済むのに・・・?です。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


食後血糖値は上げなければ、下げる必要がなくなるので、当然の事ながら「食後血糖値を下げる薬」や「食後血糖値を下げるための運動」も必要なくなるという事です。

そうは言っても運動に関しては、血圧を下げる効果やコレステロールを下げる効果などもあるので、ぜひ実行して頂きたいと思います。

でも・・糖尿病薬は・・もう要りませんよね?

 

糖質制限食を行うには、関連記事の「血糖値を上げる食品」を覚えて頂き、それを除外するような食生活をすれば簡単に食後血糖値を下げる事が出来ます。

さあ皆さんも今日から血糖値を下げる食生活を実践していこうではありませんか!



スポンサーリンク






サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ