血糖値 基準値

血糖値の基準値を一覧表で示しました。

検診などでは空腹時血糖値が基準値であるかどうかだけを見ますが、血糖値の基準値にはその他食後血糖値の基準値とヘモグロビンA1cの基準値という2つの基準値があります。

 

血糖値の基準値はどれも大切ですが、糖尿病の方は1~2か月の平均血糖値を示すヘモグロビンA1cの基準値が一番大切となります。あなたの血糖値が基準値かどうか下の表でご確認下さい。

 

血糖値 基準値 空腹時血糖値 食後血糖値 ヘモグロビンA1c
正常値 100未満 140未満 6.2%未満
正常高値 110未満
境界型糖尿病 110~126未満 140~200未満 境界型
糖尿病 126以上 200以上 6.5%以上

ヘモグロビンA1cは、2012/4からのNGSP値です。

血糖値が基準値を上回る多くの方は、食後血糖値が常時高血糖となった後に、ヘモグロビンA1cや空腹時血糖値も徐々に基準値を超えていく方が多いようです。

 

つまり空腹時血糖値が基準値を上回った場合は要注意です。恐らく食後血糖値は基準値の140mg/dLでは収まらなくなっていると思います。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


食後血糖値が基準値かどうかを調べるには、血糖測定器をお持ちなら分りますが、そうでない方はブドウ糖負荷試験を受けるしか方法がありません。

 

空腹時血糖値が基準値100を超えていて、ご両親に糖尿病がいる場合は病院でブドウ糖負荷試験(OGTT)を受ける事をお勧め致します。その結果、基準値であればもちろん問題ないですし、何よりいい事は検査を受ける事で生活習慣に気を付ける方が増える事です。 

 

糖尿病もしくは境界型糖尿病と疑われる方は2300万人にも上ると言われています。どの血糖値が基準値を超えてもこの仲間入りになってしまいますので、たかが基準値・・・されど基準値という事を忘れないで食生活に気を付けて下さいね。 

今後のあなたの努力次第で健康はいくらでも手に入れられますから。



スポンサーリンク






サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ