ヘモグロビンA1cを下げる

ヘモグロビンA1cを下げる方法についてです。ヘモグロビンA1cを下げるには、食後血糖値を下げる事が出来ていれば難なく下げる事が可能となります。ヘモグロビンA1cを下げるのは、非常に簡単なので安心して頂いて大丈夫です。

ヘモグロビンA1cは1~2か月の平均血糖値を示す数字ですから、食後血糖値を下げる事に成功していれば、それと比例するようにヘモグロビンA1cの数字も下げる事が出来るのです。

ヘモグロビンA1cを下げる 空腹時血糖値 食後血糖値 ヘモグロビンA1c
正常値 100未満 140未満 6.2%未満
正常高値 110未満
境界型糖尿病 110~126未満 140~200未満 境界型
糖尿病 126以上 200以上 6.5%以上

 ヘモグロビンA1cは、2012/4からのNGSP値です。 

ヘモグロビンA1cを下げる最大のポイントは、食後血糖値をいかに上げないかです。食後高血糖にしなければ、1~2か月の平均血糖値も低いままですから、必ずヘモグロビンA1cを下げる事が出来るのです。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「血糖値を上げるものは糖質だけ」=「糖質制限食の実施」=「高血糖のない食後の血糖値」=「平均血糖値の低下」=ヘモグロビンA1cを下げる事に成功となります。

 

これほど単純明快な「ヘモグロビンA1cを下げる図式」はないと思います。

 

私も以前はカロリー制限食でヘモグロビンA1cを下げる努力をしていましたが、糖尿病患者が一度高血糖を起こすと、薬や運動では抑えきれないのが現状です。

 

例えば食前にベイスンを服用そして食後に30分程ウォーキング・・・それでも「ざる蕎麦一杯」で200mg/dL超えてしまいます。

 

これでは糖尿病薬の服用と運動をしたとしても食後は高血糖ですから、ヘモグロビンA1cを下げる事は到底出来ないでしょう。

 

悲しい事ですが、糖尿病になると食後の高血糖を下げるのは非常に難しいのです。やはり血糖値は上げないのが一番いい=糖質制限食がベストなのです。



スポンサーリンク






サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ